FC2ブログ
鍼灸症例紹介 ぎっくり腰
*下記症例は患者さん個人が特定されないように内容を少し変更しております。

患者 40代 女性

主訴 急激な腰痛(ぎっくり腰)

10日前に受傷し、他の治療院にかかり物理療法をするも症状変わらず当院に旦那さんに押され車イスにて来院しました。

腰の激痛は勿論の事、

足に痺れはないが、左足ふくらはぎをよくつり、冷え、便秘もあった。

体の前屈及び後屈も一切できない状態。

時間はかかりますがうつ伏せと仰向けにはなれました。

そして、鍼灸治療は昔やったことがあるとの事でした。

施術頻度は状態が改善するまでは毎日治療しました。

両側ですが、特に左側の脊柱起立筋に広範囲に腫脹や熱感、硬結が認められた。

更に仙腸関節部に強い疼痛と腫脹あり。

SLRテスト陰性の為、椎間板ヘルニアの疑いは考えにくいので急性の椎間関節性腰痛及び脊柱起立筋の挫傷(肉離れ)と判断しました。

施術

まずうつ伏せで

脊柱起立筋のラインに沿って、左右の大腸兪、腎兪、三焦兪。

更に腰方形筋の上にある志室、大臀筋を狙って環跳。

下肢症状はないものの、これから出る可能性もあるので

ハムストリングス(殷門)、膝裏(委中)、下腿三頭筋(承山)に刺入し、10分間の置鍼。

その後、仰向けになり

三陰交(冷え)、足三里(前脛骨筋)、陰陵泉(腓腹筋)、あとは大腿四頭筋の外側広筋と中間広筋に刺入し、10分間の置鍼をしながら、お腹をお灸(箱灸)で温めました。

その後、座ってもらい、動かせる範囲で動かしてもらい、痛みのひどい場所(主に仙腸関節付近)を単刺で刺激を入れました。

最後に、安静第一という事と入浴はさけて下さいとお願いしました。

まとめ

今回のぎっくり腰はかなり重症でした。

施術も普通に動けるようになるまで7回かかりましたし、その後すこし時間を空けて3回治療をし、終了しました。

最初の症状が症状だっただけにスムーズに動けるようになるまでは毎日の施術で1週間を要しました。

日に日に症状が改善していくので患者さんには非常に喜んでいただきましたし、こちらとしてもうれしく思います。

今回の様に車イスを使うようなレベルのものから、普通に歩いて来院できるレベルまで、すべてぎっくり腰です。

痛みの程度やレベルによって、治療の回数も違います。

もし、ぎっくり腰をやってしまったと思いましたら、お風呂でむやみに温めないのがよろしいかと思います。
スポンサーサイト



[ 2020/07/08 15:14 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<R2 8月の予定 | ホーム | R2 7月の予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aotohanamaru.blog.fc2.com/tb.php/204-77c497fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |