FC2ブログ
当院では、逆子の治療できます!!
当院では鍼灸治療を用いた、産婦人科系の症状にも対応しています。

実は効果についてもWHO(世界保健機構)に認められています。

image1 (59)

~その中でも、今回は逆子にクローズアップしたいと思います。~


やはり男性と比べて、筋力や基礎代謝の少ない女性は総じて冷えが強いです。

さらに、東洋医学でいう陰陽論(全ての物を陰と陽に分ける考え方。)では、女性は陰に属します。

1435842686.png
(これが陰陽論の図で、黒が陰、白が陽です。)

陰には、寒冷や衰弱なども属していて、女性の体はどうしても、陰側により引っ張られやすいのです。

鍼灸も陰と陽に分けられていて、鍼が陰、灸が陽です。

なので、身体を陽側に引っ張っていけるお灸の治療は基本的に女性に合っています。

実は、妻が長女を妊娠している時に逆子が発覚して、すぐにお灸で治療しました。

そしたら1週間くらいでグルっと回る感覚が妻にあったらしく、次の検診では治っていました。

当時妊娠30週くらいだったと思います。

私自身、「お灸、バカにできないなー。」と実感した出来事でもありました。

ちなみに、逆子の治療は妊娠28週くらいから治療をすることができますが、妊娠34週を過ぎると逆子が治る確率がぐっと下がるので、早めに治療を始めることができるといいですね。

逆子のお灸は、前回のブログで紹介しました温灸は使いません。(補完的に使う場合もありますが。)

使うのは基本的にセンネン灸です。
20091213154115.jpg

これを逆子のツボに施灸していきます。

当院では、1壮(個)80円で治療できます。
逆子の治療の際は、大体、10壮~15壮くらい使うので1000円前後くらいですね。(初回のみ初診料として+1000円頂戴致します。)

ご興味がある方はまずお問い合わせください。

メールでもご相談いただけます。
info@aotohanamaru.com
もちろん、お電話でも。
03-6662-9850

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12月、そして年末年始の予定 

7日(月) 休診
 14日(月) 休診 
 19日(土) 勉強会参加の為、13時までの診療。
 21日(月) 休診 
 23日(祝・水) 17時まで
 28日(月) 休診
 30日(水) 13時まで。午後は予約のみ。
 31日(木) 13時まで。午後は予約のみ。
1月1日(金) 休診
  2日(土) 休診
  3日(日) 休診
  4日(月) 休診
  5日(火) 平常通り診療。
 *毎週平日の水曜日の午後は予約のみの診療です。

曜日の並びで今年の年末年始のお休みはこんな感じにしました。

年末(30日、31日)午後のご予約はお早めに!!

ご来院お待ちしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

LINE@を始めました。

友だち追加数

こちらをクリックまたは、



こちらのQRコード読み込みください。

ホームページからもフォローできます。

当院の治療時間の変更や、健康に関する情報をお伝えしていきたいと思います。

一人ひとりLINE@を通して会話もできるので、お身体に関する質問やお悩み等、遠慮なくご相談ください。

皆様のフォローお待ちしています。

宜しくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土日・祝日の診療時間が長くなりました!!

今までは、9時~13時までの午前のみの診療でしたが。

9時~13時、お昼休みを挟みまして15時~17時まで

の夕方までの診療となります。

それに併せて、水曜日の診療が

9時~13時、午後は予約のみの受付けとなります。

これから、チラシなどでもアナウンスしていきますので宜しくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青戸はなまる鍼灸接骨院facebookいいね!して下さいね~。

青戸はなまる鍼灸接骨院
東京都葛飾区青戸7-18-1 ルベール瀬田1F

お問い合わせ・ご予約の方はこちらからお電話もしくはメールをください。
03-6662-9850
info@aotohanamaru.com

スポンサーサイト



[ 2015/12/24 08:57 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |